中学受験:子どもに寄り添い、気持ちを共有するには

中学受験

中学受験塾へ通う長男。もともと自分から色々と話すタイプではありません。小学校の様子以上に塾の様子は掴みにくいです。我が家の作戦をレポートします✏

スポンサーリンク
ランキング参加中
にほんブログ村のランキング参加中。クリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

話す場・時間がない

長男には、下に二人の兄弟がいます。まだ小さいので空気が読めません。長男と話しをしたくてもお構いなしにお邪魔にやってきます。

長男は、友だちとの公園遊び、習い事、塾に勉強にと、忙しいです。話をしたくても、なかなか時間が取れません。

スポンサーリンク

高学年男児はお年頃

小学校の高学年の男児はお年頃なのでしょうか?最近、接し方が段々難しくなってきました。

お友だちが一緒にいる時は「ママー!今日ね~」なんて絶対に話し出しません😢

家では「ママー。」と呼んでいますがお友だちの前では

お母さん。

ぼたん
ぼたん

はい。《お母さんモード・スイッチオン♪》

今は、色々なことを話してはダメ。
お友だちといる時は静かなお母さん役。
多くを語らず、ひたすら受け身になっているべし。
友だちとの間を邪魔するべからず。

家の外で2人の時間を作る

塾からの帰り道。お友だちと途中まで帰ってきます。お友だちと別れる場所へ夫婦どちらかが迎えに行きます。

塾の帰り道

気が張っているのでしょうか。勉強で疲れているのでしょうか。親が迎えに来ている様子を見ると長男の顔が緩みます。このポン吉が一番リラックスしている時がチャンスです!!

どちらからともなく今日の塾の様子を話し始めます。驚いたこと。ビックリした事。楽しかったこと。難しかったところ等々…

机に向かって話をする時と違い、歩きながらだと、色々な本音が出て来ます。周りに家族もいないので邪魔されることもありません。マイペースに会話ができます。親は、なるべく聞き役に徹します。凄く貴重な時間に感じます。

家族で楽しむデート時間

休日は親も時間に余裕が出て来ます。休日は家族全員で過ごすことが多いです。

しかし我が家では、2つのグループに意図的に分散して過ごすことがあります。家の中では「デート」と呼んでいます。

デートチームは親1人に子ども1人。

デートに行かないチームは親1人に子ども2人。

兄弟が3人なので親と1対1になることは少ないです。1対1のデート時間は、子どもたちにも親にも貴重な時間だと思っています。

休日のテストの帰り

休日のテスト後は、塾までお迎えに行くことがあります。その後、買い物の用事を一緒に済ませたり、食事が間に合わない時間だった場合は、どこかのお店で2人で済ませたりします。

通塾し出してからこのような時間をとれるようになり、長男にも新鮮なようです。

ついさっき受けたばかりのテストの事、勉強、習い事、小学校、お友だちの事等、
2人の時間は、色々な話をする機会になっています。

家族で気持ちを共有

家族一丸となって進んで行けるよう、長男の気持ちは夫婦で共有しています。親も長男にその都度、言葉に出して気持ちを伝えるようにしています。

  • 長男の夢を応援している事。
  • 長男と一緒に頑張っている事。
  • 困ったり大変な時はいつでも話して欲しい事。
  • 家族は皆、同志である事。

デート時間でストレス解消

そして家族と離れて1対1の時間は、お互いのストレス発散にもなっていると感じています。このような機会をできるだけ持ち続けて行けたらなと思います。

 

にほんブログ村のランキング参加中。クリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑人気ブロガーさんの記事はこちら

 

お勧めの学習まんがを紹介します。「ドラえもんの社会科おもしろ攻略 日本の歴史」は、全3巻で一通りの日本の歴史を理解できます。中学受験塾の浜学園監修で、受験も意識した内容となっています。「角川まんが学習シリーズ 日本の歴史」は、詳細度が上がり中学生になっても十分な内容です。2020年度より導入の新学習指導要領に対応してます。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

小学4年・5年・6年にお勧めの学習まんが
マンガは飽きずに最後まで読むことができるので、全体像を把握するのに適しています。内容の詳しさは文字だけの本には及びませんが、短時間で最初から最後まで読むことにより全体像を把握でき、その後の細かな学習のガイドとすることができます。ここでは分...

 

おすすめの書籍を紹介します。「中学受験 小6になってグンと伸びる子 ガクンと落ちる子 6年生で必ず成績の上がる学び方 7つのルール」は、日能研の現役教室長による実践的な受験・教育本となっています。「親がやるべき受験サポート」は、ノートの作り方、試験対策、宿題サポート、過去問の取り組み方などについても具体的に紹介されています。また、コミックの「二月の勝者 ―絶対合格の教室―」もいろいろ勉強になります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

親が読むべき中学受験のおすすめ書籍
中学受験を戦っていくには体系的に説明してくれる情報が必要です。中学受験をはじめるときに全体像を把握し、その時に道しるべとなってくれる書籍、また、はじめたあとも、たびたび繰り返して読む価値のある書籍を紹介します。自分的な一位...
タイトルとURLをコピーしました