思考力育成テスト出題内容・対策【中学受験】

中学受験

今週末は、始めての思考力育成テストです。5年生の9月から全5回開催されます。その第1回目が目前に迫りました。

思考力育成テストってどういうテスト?何か勉強しておいた方が良い?色々と悩み、対策を考えました。塾からの案内を元に詳細をまとめました。

スポンサーリンク
ランキング参加中
にほんブログ村のランキング参加中。クリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

思考力育成テスト

思考力育成テストでは、下記2つのチカラが求められます。

  • 知識と知識をつなげるチカラ
  • 論理的に物事をとらえるチカラ

知識どうしを結びつけ、論理的に思考し、相手に説明する力です。

テストを通して身につけたいチカラ

・経験のある場面だけでなく、様々な状況の中で知識・技術を自由に使うことができる

・他の知識と結びつけて考えることができる

・表面的な暗記にとどまらず、その意味や内容(本質)を理解し自分の言葉で表現できる

・自分の知識や経験と結びつけ、複数の知識や考え方を再構築・一般化することができる

・未知の事柄や課題であっても、情報や条件を使って、自ら考えを進められるようになる

・物事を俯瞰してとらえることができる

実施内容

日程:9/24(土) 10/22(土) 11/19(土) 12/17(土) 1/21(土) 

科目・時間

時間
国語50分
算数50分
社会30分
理科30分
スポンサーリンク

出題内容

各回ごとに知識と知識を繋げる「関係性」をテーマとした出題。

今まで学習して来た範囲からの出題。

第1回テーマ「原因と結果」

示された情報から必要なことがらを取り出し分析するときに、「原因と結果(因果関係)」の論理関係に着目する

国語

  • 物語
  • 論説文
  • 慣用句

算数

  • 数の性質
  • 図形の性質
  • 文章題

社会

  • 自然の特色と人々の生活
  • 社会の変化
  • 歴史上で使われた道具の変化

理科

  • 生物どうしのつながり
  • 色の見えかた
  • 太陽の動き
  • 熱の発生

対策

思考力育成テストは、学習力育成テストのように2週間で学んで来た知識の定着を確認するテストとは大きく異なります。

「原因と結果」に着目して解答を導く問題…。正直どのような問題が出されるのか見当がつきません。

対策としては、まず今の力を知る為、腕試しのつもりで挑もうと思います。そして全5回のテストに全力で向き合うことで思考力を鍛え、磨いて行けたらと思います。

まとめ

5年生後期から思考力育成テストが加わり土曜日のほとんどの日がテスト日となりました。

学校や志望校の行事と重なってしまう日もありますが、受けたテストの復習の方に力を注げたらと思います。

頭の中の知識と知識をつなぎ合わせて頑張って答えを導き出すことの積み重ねをこのテストを通して身に着けて行けたらと思います。

Amazon タイムセール
人気の商品が日替わりで登場。毎日お得
タイトルとURLをコピーしました