クラス分け後の席順は特別バージョン:中学受験

中学受験
スポンサーリンク
ランキング参加中
にほんブログ村のランキング参加中。クリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

クラス分け

先日、通塾する日能研でクラス分けがありました。途中入塾した長男は、5年生の前期よりW(基礎)クラスからR(応用)クラスに替わり現在Rクラスで学んでいます。

クラス人数の変動

学年が変わる際は(5年生2月)クラスの2割の人数、今回は(5年生6月)クラスの1割の人数が替わりました。

途中入塾し、クラス分けの実態が知りたくて日々情報収集しまとめた記事です↓

スポンサーリンク

席順

クラス分け後の初回授業

クラス分け後の初回授業は、通っている校舎では日能研番号順に座りました。

特別バージョン

テスト後の席順は、通常であればテストの点数の上位順に座ります。

ところが、先日行われたクラス分け後初の育成テスト結果の席順は決め方がいつもと違いました。

育成テストの国語と算数はW・Rクラスで下記の通り解く問題が異なります。(社会・理科は同じ問題です)

Wクラス共通・基礎問題
Rクラス共通・応用問題

普段Rクラスでは、共通・応用問題の総合点数順に座ります。しかしクラス分け後の初の育成テストでは、共通問題のみの点数順の席になりました。

いつもと違う基準で決めた席順になり、自分の共通問題への取り組みの成果を確認できたようです。応用問題を含めない共通問題でのクラス内順位を知るチャンスはなかなか今までありませんでした。

Rクラスで応用問題のテストを初めて受ける方への塾側の配慮なのかなと感じました。長男の時もRクラス初回のテストから落ち込みすぎないようスタートできました。

終わりに

クラス分けやテスト後の席順は、子どもにとってドキドキするものです。

クラスアップやクラス内の席順を目標やモチベーションにしているからです。

良いこともショックなことも様々な結果を受け止め、日々前に進んで行く姿をしっかりサポートし応援して行けたらなと思います。

入塾する際に購入した本です。学校の特色・入試日程・偏差値・路線図等、参考になり学校選びに大活躍です。子どもも部活動や人気の学食メニュー、昼食の様子、行事等を楽しそうによく眺めています↓

 

にほんブログ村のランキング参加中。クリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑人気ブロガーさんの記事はこちら

 

おすすめの書籍を紹介します。「中学受験 小6になってグンと伸びる子 ガクンと落ちる子 6年生で必ず成績の上がる学び方 7つのルール」は、日能研の現役教室長による実践的な受験・教育本となっています。「親がやるべき受験サポート」は、ノートの作り方、試験対策、宿題サポート、過去問の取り組み方などについても具体的に紹介されています。また、コミックの「二月の勝者 ―絶対合格の教室―」もいろいろ勉強になります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

親が読むべき中学受験のおすすめ書籍
中学受験を戦っていくには体系的に説明してくれる情報が必要です。中学受験をはじめるときに全体像を把握し、その時に道しるべとなってくれる書籍、また、はじめたあとも、たびたび繰り返して読む価値のある書籍を紹介します。自分的な一位...

 

お勧めの学習まんがを紹介します。「ドラえもんの社会科おもしろ攻略 日本の歴史」は、全3巻で一通りの日本の歴史を理解できます。中学受験塾の浜学園監修で、受験も意識した内容となっています。「角川まんが学習シリーズ 日本の歴史」は、詳細度が上がり中学生になっても十分な内容です。2020年度より導入の新学習指導要領に対応してます。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

小学4年・5年・6年にお勧めの学習まんが
マンガは飽きずに最後まで読むことができるので、全体像を把握するのに適しています。内容の詳しさは文字だけの本には及びませんが、短時間で最初から最後まで読むことにより全体像を把握でき、その後の細かな学習のガイドとすることができます。ここでは分...
タイトルとURLをコピーしました