国語の勉強法改革【中学受験】

中学受験

中学受験塾に通う5年生の長男。国語の力をつける為、塾の先生のアドバイスを元に日々勉強しています。普段は時間の取りにくい記述問題の勉強を夏休みという時間を利用して開始しました。

スポンサーリンク
ランキング参加中
にほんブログ村のランキング参加中。クリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

国語:勉強法改革

改革前

下記の要点で長男自ら進めていました。

  • 授業を受ける
  • 授業の復習をする
  • 復習をしたものに丸つけをする
  • 間違えたところの解説を読む

復習に時間がかかることなくスムーズ進んでいるように思われましたが…。

  • 丸つけしないことが増える→問題を解くだけで終了

自分の答えは、合っているのか間違っているのか、よく分からない状態になったそうです。確かに、大人が見ても記述問題の解答は複雑です。これは部分点?…等

改革:その1

国語の勉強の仕方に迷い塾の先生へ相談。

国語は基礎となるものをしっかりと身につけることが大切。まずは、読解する為の語句や言い回し強化にポイントを絞り学び始めました。詳しくはこちらから↓

改革:その2

記述問題は自分の解答が合っているのか間違っているのか判断がつきにくいです。

記述問題は塾の先生からのアドバイスにもありましたが親のサポートがまだ必要な部分だと思います。

テキスト、テスト、記述演習講座の添削問題にポイントを絞ってどこをどう間違えたのかをしっかり把握し理解して行くことに力を注いで行こうと思います。

スポンサーリンク

まとめ

前々から気になっていた国語の勉強方法。国語は運。どうにかなる。文章読むのに時間がかかるし。男の子は苦手な子が多いと聞くし…どこかで攻めの気持ちがありませんでした。

しかし、一つ一つできそうなことから改革して行ったことで点数も取れるようになって来ました。

じっくり関わろうとすると勉強時間もかかる国語。夏休みという時間を利用し、時間のかけられるうちに国語としっかり向き合いたいと思います。

 

にほんブログ村のランキング参加中。クリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑人気ブロガーさんの記事はこちら

 

おすすめの書籍を紹介します。「中学受験 小6になってグンと伸びる子 ガクンと落ちる子 6年生で必ず成績の上がる学び方 7つのルール」は、日能研の現役教室長による実践的な受験・教育本となっています。「親がやるべき受験サポート」は、ノートの作り方、試験対策、宿題サポート、過去問の取り組み方などについても具体的に紹介されています。また、コミックの「二月の勝者 ―絶対合格の教室―」もいろいろ勉強になります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

親が読むべき中学受験のおすすめ書籍
中学受験を戦っていくには体系的に説明してくれる情報が必要です。中学受験をはじめるときに全体像を把握し、その時に道しるべとなってくれる書籍、また、はじめたあとも、たびたび繰り返して読む価値のある書籍を紹介します。自分的な一位...

 

お勧めの学習まんがを紹介します。「ドラえもんの社会科おもしろ攻略 日本の歴史」は、全3巻で一通りの日本の歴史を理解できます。中学受験塾の浜学園監修で、受験も意識した内容となっています。「角川まんが学習シリーズ 日本の歴史」は、詳細度が上がり中学生になっても十分な内容です。2020年度より導入の新学習指導要領に対応してます。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

小学4年・5年・6年にお勧めの学習まんが
マンガは飽きずに最後まで読むことができるので、全体像を把握するのに適しています。内容の詳しさは文字だけの本には及びませんが、短時間で最初から最後まで読むことにより全体像を把握でき、その後の細かな学習のガイドとすることができます。ここでは分...
タイトルとURLをコピーしました